無料で見れるグラビアアイドルのサンプル動画や画像を紹介しています。

現役女子大生で現在22歳の青井鈴音ちゃんがGカップ以上の女の子しか出演できないデカメロンシリーズにGカップ超えのバスト95のHカップを引っ提げて初参戦!強烈に大きいおっぱいだ...

口コミ
それなりに満足昔の作品と比べて、露出などはそれなりに良かったと思います。
ただ、いまいち興奮できないのは年取ったからなのかなー。
昔のほうがもっと可愛かった気がします。
駄作駄作です。過去作のセカンド、サードのが全然いいです。

レビュー評価あてにならないです毎回。
良いもしドラゴンボールが7つ揃い願いが一つ叶うならば僕は彼女とセックスしたいと頼むだろう
カムバック杏奈随分久しぶりのDVD

「伊藤杏奈」は引退していたと思っていたら
いきなり復活!

ジャケにつられて買ってみたら
かなりのエロエロ作品♪

とにかく
「揺らす」「揉む」「弾む」
いろんな形になる軟乳!

以前と変わらぬ巨大おっぱいに目が釘付け
レースカーテンで一糸纏わぬ姿が拝める

欲をいえば
もっと「着衣」のエロが見たかった

これからの期待に☆多め〜
ナイスバディ!!初めて伊藤杏奈ちゃんのdvd購入しました。胸のやわらかさ加減、接写方法、ポーズ、衣装(下着・水着)などなど、最近購入した作品が悉く外していたので、久しぶりに堪能させてもらいました。
胸派も尻派も満足できるのでは。まずモデルが良いです。いわゆる巨乳というと蓋をあけたら「ただのデブ」ということがありがちですが、杏奈嬢は見事なくびれ、贅肉のない腹部、引き締まった尻となかなかのプロポーションです。
演出は特別な物はありませんがマッサージはお見事。網タイも良いです。
ぶっちゃけ「B地区さえ映らなきゃいい」という大胆な姿勢には清々しさすら感じます。(^^)/
私的には星5つですね。
実にエロい前作「LAST DANCE」は全くの肩すかしだったが、スパイスビジュアルの作品という事で期待して購入したら、予想を遥かに超えてくれてました。
まだ全編を細かく観てはいないのですが、現時点で一番の注目ポイントは極小チューブトップビキニのCHですね。
あれほどの大きな胸なのに、あんなに小さなビキニトップでは本当にこぼれ出るのではとドキドキしますね。
チューブトップのCHでは、右胸の「輪」が見えているっぽい箇所もありましたし。
股間の描写でも、プール内で薄っすらスジが見えたり、ボトムはピッタリ張り付いて「形」が分かっちゃったりな箇所もあったりと、過去の作品と比べて一歩も二歩も前進している作りになってます。
これだけでも十分に観る価値のある一作と言える・・・というのが私の感想です。
購入後の使用についてのコメント品物は思ったよりも、大変よかったです。大事に使用します。
時折、使用していますが、時代の歴史感が分かりやすく重宝しています。ありがとうございました。
セックスにたいする開放感と伸びやかさがある。DVDでいろんなタイプのデカメロンがあるが
これが スタンダードなんでしょうね。
七つの物語が、繰り広げられる。

「ペルージャのマンドレウッチョ」
お金を見せびらかしている若者が 若い女に言い寄られ
クソつぼにはまってしまうが、逃げ出しているうちに、
王様の棺桶の中にはいり、高価な指輪をゲットする。
この若者のにやけた感じがいいね。

「マゼットと尼僧」
それにしても、あまり美人がでてこない。
修道院のオンナたちも、全体として ふくよかである。
口がきけないことから、オンナたちは慰めものとする。
1日のセックス労働は、大変なのだが、口がきけることで、
オンナたちは 神の奇跡だという。

「ペロネッラ」
水かめを旦那に 修理させながら
奥さんは バックスタイルで 喜んでいる。
この 近距離感 はなんとも言えない。
旦那の歯並びの悪いこと。

パゾリーニも 出演している。
服装が 簡単なできかたしている。
屋上で 寝たいと言う娘。逢い引きの場所にしている。
おとうさんとおかあさんが 見つけるが
おとこが 金持ちの子だからいいと言う。

パゾリーニのオンナへの美意識はあまり高くないような気がする。
そのコトに対する意味合いが重要なのかもしれない。
セックスにたいする開放感と伸びやかさがある。
おおらかおおらかな「性」と「聖」を描く、パゾリーニ「生の3部作」の、1つ目。
堅苦しいことは忘れて、楽しい性と生を謳歌しましょう、というオムニバス映画。
途中、殺された恋人の首を切って、植木鉢に入れるといったシーンもあるが
ほとんどは、くすくす笑えて明るい話。
パゾリーニ自身も画家として出演してるところも、ユーモラス。
次作「カンタベリー物語」のラストで「地獄絵図」がでてくるのだが
こちらのラストには、「死後の世界」のシーンが、わずかだがあるのも面白い。
ほんわかした、ほほえましい気分になる映画。
パゾリーニとしては、珍しく穏やかな作品だが
これはこれで、私は楽しく観れました。
ボッカチオ有名な原作は読んでいませんが 何となく汚らしい映画ですね。
イタリア独特のエネルギッシュな 生きる逞しさは日本人から見ると
えげつなさを感じたりします。
便所に落ちた男が、お宝を手に入れる 話が面白いです
煩悩を描いたオムニバスオムニバス映画です。お金に対する欲、性に対する欲など人間の煩悩を面白おかしく語る一方で、宗教画を思わせる静謐なカットが挟まれて、見入ってしまいます。

軽い映画のようでいて、鑑賞後は芸術に触れた感慨深さをもたらしてくれる作品です。
スキャンダルの王、ボッカチオとパゾリーニスキャンダルだったろう。まずボッカチオだ。1344年にかれは本作の原作『デカメロン』を刊行する。怖ろしい作家だ。いくら讃えても讃え過ぎることはない。テヘランで『ロリータ』を読む以上に怖ろしい。勿論、ルネサンス時代のなせる業であり、その時代でなければあり得ない作品ではある。ついで、パゾリーニだ。幾ら20世紀とは言え、これではカトリックの文化圏には受け入れなれない。おそらく。

イエス・キリストの顔を見せたり、その他諸々のスキャンダルに塗れたパゾリーニの面目躍如。名作である。
2018/06/24
このDVDはDMM見放題chライト対応作品です。(当社調べ)
ダウンロードをご検討でしたら、DMM見放題chライトもお勧めです。
関連する記事