無料で見れるグラビアアイドルのサンプル動画や画像を紹介しています。

ゲームヲタクで優柔不断・マイペース・泣き虫で身長が149cmしかない小さくてとても可愛い女の子、誉田まみちゃんが身長150cm以下の女の子しか出演出来ないMicro Loli...

口コミ
ジャケ写とタイトルでホラー?村でたぶん遺族年金かで暮らす(息子夫婦と孫はそばにいるようだが)一人暮らしの女性。急にどうしても大金が必要になった時借金も無理な状況で、なんの資格もない年寄りが就職するのは日本でもやはり大変だ。ハローワーク帰りの職探しでたまたま見かけた求人ポスター。切羽詰まれば、、、。日本の風俗文化がお手本とは恐れ入りました。どこがコメディだ?切実な問題も有るし描写は暗いし私はヒヤヒヤしっぱなしだ。この小太り女優の表情がとても良い。今('17)から10年ほど前の作品だがもっと早くに観れば良かったと思う。私も高齢で読むのも辛いし字数制限有る字幕では伝わり難い面も有ると思うのでキングと[KADOKAWA]さん再発の際は吹き替えも宜しく。特典映像に有る別エンディングをくどくどと本篇に入れなくて良かった、想像する楽しみが削がれなくて。
~団塊爺い。
“伝説のミューズ”降臨?“伝説のミューズ”というコピーはどうかと思いますが、やっぱり最初はマリアンヌ・フェイスフル主演ということで、若干怖いもの見たさで観ました。

内容は、いろんなレビューの方が書かれているとおりで、わりと静かめのハートフルな物語です。
インタビューで監督が言っているとおりコメディという感じではなく、何カ所かは笑えるシーンもありますが、画も物語もグレーっぽい印象です。
いわゆるハッピーエンドで登場人物全部で大団円というものではありません。

音楽は監督の知人のミュージシャンがやっているということですが、全編にエレキギター単体のコードワークのような音楽が流れていて、個人的には寒々しいような印象がして好みではありませんが、映画全体のグレーな雰囲気には合っているのかもと思います。

簡単にいうと自立と再生の物語でしょうか。
最近観た映画の中ではダントツに印象を残した映画でした。
「あの胸にもういちど」はこれまで何度も観てきましたが、この映画も今後何度も観ていくような気がします。
やっぱりマリアンヌ・フェイスフル、只者ではないですね。
今後の彼女の動向が気になります。
何度か来日されていますが、今度来日したらライブに行ってリアルタイムに彼女の唄を聴いてみたいと思います。
イギリスらしい映画メタリカのPVにも出てた
マリアンヌ・フェイスフル(若い頃すごくかわいかった)
の演技が見たくて購入
思った以上に良くて、涙してしまった
閉鎖的な感じや狭い部屋にイギリスらしさを感じたゃいました
良作です。
素晴らしい映画です風俗産業が舞台ではありますが、今時分安心して見る事の出来る良い映画だなぁ・・・と
感激しました。
  最後、マリアンヌフェイスフルと相手役の俳優さんのインタビューがあったのですが
それも良い感じです。
 聡明で素敵な女性で改めて惚れ直しましたよ。
やっと見つかりました以前アマゾンで探してもらったのですが、その時は無かった。諦めずに検索してよかった。満足しています。
親は、愛する子供のために死ねる!初めは、ロンドンにもあるH系の映画かと思いました。しかし、深い家族愛の物語です。
夫が母(病気の子供の祖母)に「売春婦!」と怒鳴ったりしました。でも、妻は「親は、愛する子供のためには、死ぬことだってできるわ。お義母さん(姑)は、私たちの息子のために体をはって手術費をつくってくれたのよ!」という言葉に、観ている私はドッと涙がでてきました。ほかにはない、ユニークな「愛」の物語です。
彼女(子供の祖母)と経営者も愛し合っていく。
子供が救急車で、手術のため空港に向うシーンも忘れられません。
あたたかい涙が……笑いあり・軽いタッチで途中まで進みますが、最後には、あたたかい気持ちにさせてくれます。絶対オススメです!
老齢にして立つー 親が無償の愛を子あるいは孫に捧げる。
そんな風にも見れないわけではないけれども、
この映画を「親子愛」ないしは「無償の愛」的関心だけで観ると、少し評価を見誤ってしまうように思う。
それに、もし親子愛がテーマだとすると、たとえば主人公はなぜ孫の手術に立ち会わなかったのだろうか。

ーこの映画は、むしろ、お人好しにとっての希望の映画だ。
中流階級の良識を体現したような主人公は、自己主張という武器を用いることはせず、
身に付いた倹約精神から宝くじの買い方も極めて庶民的で、
忙しい中、呑気な主婦仲間との会合にも誘われれば顔を出すように、
周囲に合わせて生きることに自覚的に疑問をもったことがないような、平凡なお人好しさんである。

このお人好しが、あることをきっかけとして、生涯踏み込むはずのなかった世界に、飛び込む。
偏見を克服して視野を広げてみれば、そこには、素敵な笑顔との出会いがあり、共有できる哀愁があり、
自分に自信を与えてくれる職業があった。

そして、主人公は変わる。
くだらない過去とは決別して、 大事だと思うものを守り、
誠実な人付き合いをしながら、言うべきときには驚くような毒も吐く。

素敵に変わることは難しい。たいがいにして自信は軽率な言動しか生まないが、
主人公は、芯にある上品さがそれをさせない。

息子の嫁は姑に向けてきた不遜な態度を改めるようになるが、
それは身体でお金を稼いだことだけが理由ではないように思う。
意思の強そうな嫁からすれば、「ようこそ、自立の世界へ」という気持ちだったはずだ。
嫁が乗り込んだ救急車の中から、姑に送った、応援するような見守るような眼差しが象徴的だ。

この映画にもっとも惹き付けられるのは、古き良き時代の感覚を備えた良識ある女性だと思うが、
のび太的な気の優しさから損ばかりしているような人間であれば、男女や世代を問わず、楽しめるだろう。
私自身は我を通すことの許されたアラフォー男性であるために、主人公に共感することは難しかった。

なお、他のレビュアーさんも書かれていたが、ロンドン郊外(?)の街の美しさは際立っていた。
2018/06/24
このDVDはDMM見放題chライト対応作品です。(当社調べ)
ダウンロードをご検討でしたら、DMM見放題chライトもお勧めです。
関連する記事