無料で見れるグラビアアイドルのサンプル動画や画像を紹介しています。

復活後、再び雑誌などで活躍する吉見衣世の改名後初となるソロイメージ。マシュマロのようなバスト、形の良いヒップ、彼女のパーフェクトなセクシーボディを全て魅せます!!

口コミ
キャンドルライトの中だから浮かぶ、白黒を超えた人生のリアリティ。少年時代の本郷奏多も必見。イヴの夜空に、サンタクロースの航跡を追いかけるヴォランティアの報告で幕を開ける不思議な物語。
一瞬、「はあ、マジですか?」と、妙なメルヘン映画を掴まされたかと思う。

老若の不倫の話が二つ、中年カップルの希望のない終わった恋が二組。自殺志望の美女とオタクの美少年の出会いと、
海を超えた遠距離恋愛の若者の悩み。

今時の常識で割り切れば、「不倫最低、絶対に許せない」と決めつけられ、20分で『終了』となる筋立てかも。
実際、登場人物達も、さっさと常識的に結論を出そうとしているのです。そう、大停電が始まるまでは。

夜も蛍光灯で隅々まで照らされ、陰がなくなった私たちの生活は、きっぱりと割りきれない感情を排除します。
不倫は正しくない、刑務所帰りのヤクザを待つなんてありえないし、罪を犯したものは排除されて当然。
でも、人の心には闇も陰もあるのです。キャンドルライトの下で、心の陰は不思議な浮かび上がり方を見せます。

不倫を肯定している?いえ、絶対に不倫は悪です。それが大前提にあって、なおかつ「こんな夜だから」と
登場人物たちは、普段と違った一歩を踏みだし、互いに言葉を投げかけます。キャンドルライトは、閉じ込めていた秘密の扉をも開く。「こんな夜だから」

淡島千景さんと宇津井健のいぶし銀の味わい。中学生の本郷奏多。今ではお宝の演技です。トヨエツ、吉川浩司、原田知世、田口トモロヲ、すべての俳優さんの静かな演技を味わえるのも、引き立てるのも大停電の東京の夜に点ったキャンドルライト。照明さんのお仕事に感謝せずにいられません。
静かだからリアリティがある。陳腐な設定を超えて見えてくる真実がある。本当に人生と向き合うことで開ける豊かな道。都会人が忘れて切り捨てる善悪の弱さの向こうに見えてくる豊かさ。まさに聖なる夜の奇跡ですが、奇跡の夜ではなくても忘れたくない何かに、あなたも出会えるかも知れません。私は、出会いました。
副音声も秀逸です私的にクリスマスに見たい映画が「大停電の夜に」(本作品)です

北アメリカ航空宇宙防衛司令部<NORAD>が毎年サンタクロースの行方を追跡してWEB上で公開してるのもこの映画で初めて知ったけど こんなおカタそうな機関が真剣にサンタクロースを地球規模で追いかけてるなんてさすがアメリカですね

映画の内容は人工衛星<GOD>の墜落により都心がクリスマスの夜停電になってしまいオムニバス形式のストーリーが同時進行してクリスマスの人間模様を描き出しているものですが私はソフトに収録されている監督と共同制作者による副音声でこの映画を見ることで愉しんでます

映画制作時の裏話をはじめ各シーンでのTips満載で部屋が照明でブルーに見えるのは実際に壁もカーテンも青で塗ってあるとかオープニングシーンは「TORA! TORA! TORA!」を意識して描かれているとか映画作りへの思いがひしと伝わってきます

吉川晃司さんがクリスマスプレゼントを届けるシーンやエンディングで主人公がウッドベースを弾くことになるシーン〜そしてWaltz For DebbyからMy Foolish Heartがエンディングに選ばれていることでこの映画が際立つ

当時はBill Evansもまだ知らなかったけどその後どっぷりJAZZに浸かることになったきっかけはこの映画だったのかも知れない

Merry Christmas !
原田知世が素晴らしい!これは確かに群像劇なのですが、敢えて言えば一番幸せに見えるのは豊川悦司と原田知世です。
もちろん単純な幸福ではないのですが、原田知世の会いに行くだけ(この「だけ」の意味は是非本編でご鑑賞ください)のシーンが最高の表情・演技です。
昔の恋人にも今の夫にも…という嫌みなく演じるのか難しい心情をピュアに表現するという離れ技を達成しています。
なお、ディスク2の特典における原田知世のナレーションも上品にエロチックで素晴らしいので、未購入の方には、これが聞けるスペシャルエディションをお勧めします。
予想外の優良作品この作品の評価評判を全く知らずに購入して観ました。安っぽいカップル向け映画かと思っていましたが、予想外の良好作品でした。キャストからもわかるように多くの世代に共鳴するかと思います。カップルでもシングルでもおもしろく観れると思います。
ジャズに包まれて僕は原田知世を観たくて買いました。
停電のクリスマスイヴの夜に起こる何組かの出来事が一軒のBARに集約されていく過程が楽しめる物語です。
全編に流れるジャズのBGMが心地いい映画です。肩のこらない、ほっとする映画ですね。好人物しか出てこないので。物足りないとかはけしてないと思います。
キーアイテムのキャンドルライトが綺麗で、最後には田畑智子に惚れてました。
なかなか良い映画でした。誰もが一つや二つ人には言えない秘密をもって生きているものだと思います。
ここに出てくる男女もそんなものを抱えながら、生きています。
大停電で、ろうそくの灯が優しくともるジャズバーでの出来事は、とても優しい気持ちにさせてくれました。
赤ちゃんの存在って、どんな嫌なことも忘れさせてくれる不思議な力があります。
ロマンチックでありながら笑える暖かい映画映画館で見てからDVDが発売になるのを楽しみにしていました。

出演しているキャストは個性あふれ、またいろいろな目線でストーリーを楽しめると思います。

ストーリーが枝分かれしている部分もあるので、その点に関してはいろいろな意見がありそうですが、映画という一本物ならいいかなという感じです。

一見ロマンチックな映画ですがさりげない笑いもあり、様々な人と楽しめる映画です。

映像、音楽などのかっこ良さはピカイチ。

太陽が沈んだ夜、電気を消してキャンドルの光で好みのお酒を飲みながらクリスマスを問わず見ていただくことをお勧めします。
まあまあでした前評価通り、価格の割に中身のボリュームが少なく感じられました。まあ仕方ないですね。
お金がもったいない私はお金がもったいないと思ってしまった。
キャラクターコメンタリーが少しだけ面白かったです。
お金がもったいない私はお金がもったいないと思ってしまった。
キャラクターコメンタリーが少しだけ面白かったです。
キャラクターコメンタリーが良いキャラクターコメンタリーがとても良かったです。
キャラクターが今までの映像を見ながら話す、という珍しいシチュエーションなのですが意外と面白いんです。
今回は吠舞羅総集編ということでなんと劇場版までも網羅しています。
二期の映像も収録されており、ますますぬるぬると動くようになっていて秋が楽しみですね!
キャラクターコメンタリーが楽しいアニメ1期〜劇場版までの総集編映像(47分)に、宗像・淡島・伏見のコメンタリーが付いています。
例えば劇場版のとあるシーンを見ながら伏見が「あんまり室長を甘やかさない方がいいですよ、副長」と言ったり。3人の関係性が見えてかなりおもしろかったです。

たしかに内容量に対して価格が少し割高かもしれないので、☆1マイナスして☆4で。
でもこの3人が好きならすごく楽しめると思います!
2018/08/10
関連する記事